ブサイクでもモテる!容姿に自信のない男性の恋愛戦略とは?

執筆者:ebizo 監修:瀬上直人

「自分がモテないのは、このブサイクな顔のせいだ」
「こんな容姿だから、女性に好かれることはない」
「イケメンだったら、もっと恋愛に積極的になれたのに」

このように自分の容姿・見た目に自信のない男性は多くいます。このタイプの男性の多くは、容姿に対するコンプレックスゆえに、女性との恋愛に消極的です。

しかし、実際のところ、ブサイクとみなされるタイプの男性でも、かわいい彼女を連れていることがあります。どうすれば、自分の容姿に自信がなくとも女性にモテるようになるのでしょうか。

今回は、甲本さんに「ブサイクでも女性にモテるようになる方法」について語っていただきました。





Sponsord Links




Sponsord Links

甲本侍滝×ebizo対談音声

これから紹介するYouTube動画およびmp3ファイルの音声は、甲本さんとこの記事の執筆を行っているebizoとの対談音声になります。

「ブサイクな男性が恋愛で成功するために」という内容に関して、甲本さんの考えを語っていただきました。「自分がブサイク」という理由ゆえに恋愛に消極的になっている人には、特におすすめの内容となっています。

今回の対談音声は、15分弱程度の長さになります。

「なぜブサイクでもモテるようになるのか?」
「ブサイクがモテるようになるためには何を始めればよいのか?」

このようなことがコンパクトにまとめられています。ぜひ、スキマ時間などを利用し、チェックしてみて下さいね。「恋愛を頑張ってみるか」という前向きな気持ちになることが出来るかと思います。

⇒甲本×ebizoの対談音声のmp3ファイルはこちらから!(ダウンロードしてからお聞き下さい)

対談内容をテキストにまとめました

甲本さんの音声は、要点だけをギュッとまとめてお話しているものです。何度も繰り返し聞き返すことで、その内容を自分のものにしていきましょう。

音声内容のさらなる理解のため、以下に、音声の内容を軸にしたテキスト記事を用意しました。対談の受け手であるebizoが対談内容を再構成したものです。

このテキスト記事の末尾には、音声の最後にもあった、甲本さんからのミッションがあります。いくら甲本さんの考えを理解したといっても、その考えを実際の生活で応用していかないことには、何の意味もなくなってしまいます。

ミッションを参考にしつつ、小さな一歩を踏み出していくようにしましょう。

ブサイクでもモテることができる理由

「ブサイクであっても、いくらでも女性にモテるようになることは出来る」
「ブサイクだからといって、恋愛を諦める必要は全くない」

甲本さんはこのように言います。このお言葉は、自分の容姿に自信がない男性にとっては嬉しいものですよね。どうせならば、モテるようになりたいものです。

甲本さんのこの主張の裏には、きちんとした理由があります。それは、いわゆる男女の恋愛観の差によるものですね。男性と女性では、異性に求めるものが違ってきます。

男性が思う「ブサイクだからモテない」という考え方は、あくまで男性目線からの話になります。女性目線から恋愛をというものを見直すことで、「ブサイクでも女性にモテるようになる方法」を理解することができます。

男女では好きになるタイミングが違う

男女の恋愛観の差が明確にあらわれるのは、「異性を好きになるタイミング」です。

  • 何をきっかけに相手のことを好きになるか
  • 出会ってどれだけ経ったら相手のことを好きになるか
  • 相手のどこに異性としての魅力を感じるのか

このような部分においては、男女の間で明らかな違いがあります。

男性視点のままで恋愛のあれこれを考えていては、いつまで経っても女性視点からの「魅力的な男性」にはならないということですね。

言い換えると、「ブサイクだからモテない」というのは、あくまでも男性視点からの話になります。女性視点からとらえ直すと、必ずしも「ブサイクだから好きにならない」というわけではないということです。

男性が女性を好きになるタイミング

男性が女性を好きになるタイミングを一言で言い表すと、「その女性に対して性的な欲求を感じたタイミング」となります。身も蓋もない話ですね。

男性視点から恋愛対象として女性をとらえると、極端な話、「やれるかやれないか」ということになります。女性からしたら気分が悪くなる話かもしれませんが、これが事実です。

では、男はどのようなポイントにおいて、女性に「やれるかやれないか」の判断を下すのでしょうか。この答えも非常にシンプルで、顔や体型などの見た目になります。男性が女性を好きになる過程においては、見た目がほぼすべてといっても良いでしょう。

したがって、男性は次のように考えることになります。

「自分が女性を見た目で判断しているのだから、女性も自分のことを見た目で判断しているに違いない」

このように、多くの男性が「ブサイクだと女性にモテない」と考える背景には、男性自身の恋愛観が大きく反映されているのです。

女性が男性を好きになるタイミング

男性は、顔や体型から「ヤレる」と判断したら、その女性のことを一瞬で好きになることが出来ます。一方、女性はそうではありません。女性が男性を好きになるタイミングは、男性の場合とは大きく異なります。

基本的に、女性がある男性のことを「好き」と感じるようになるまでは、男性よりも長い時間を要することになると考えることが必要になります。

男性のように、その一瞬で相手のことを好きになることは、女性の場合は少ないということです。これは一般論であり例外となる女性もいます。

しかし、多くの場合において、女性が男性を「好き」と判断するまでには、男性よりもより慎重に時間をかけて吟味することになります。

女性は単に顔だけで男を判断しない

「女性が男性を好きになるまでは、時間がかかる」

この事実は、次のことを意味します。すなわち、「女性は容姿・見た目のみで男性を判断することはない」ということです。

容姿と見た目で女性を判断するがゆえ、男性が女性を好きになるのは一瞬です。「ヤレる!」と思ったら、すぐに好きになってしまうわけですね。

しかし、女性の場合は、こうではありません。容姿・見た目以外にもさまざまな要素を考慮し、「好き」という判断を下すことになります。

もちろん、「容姿・見た目が全く考慮されない」というわけではありません。しかし、容姿・見た目の好きにおける比重としては、男性のそれよりも女性のほうが、圧倒的に小さくなります。

容姿に自信がない男性の参考になる記事はこちら!
⇒「あなたが今までモテなかったとしてもモテる男になれる理由」
⇒「ブサイクな男が女性に好かれるイケメンになる10の方法」
⇒「たった一度きりの人生を後悔しないためにすべきこと」




Sponsord Links

生物学的観点から考えた恋愛における男女差

この男女の恋愛観の違いは、生物学的な視点からも裏付けることが出来ます。生物学的に考えると、恋愛の目的が、男女では異なっているとのことです。

そのため、男女では異性を好きになるタイミングが異なっているのですね。この男女の恋愛の目的を知ることは、モテるようになるためには、大きな意義のあることです。

「女性が恋愛に何を求めているか」

このことを理解することで、女性が求める男性像に合わせて、自分をチューニングしていくことが出来ます。その結果として、「おれはブサイクだから…」という理由によって、恋愛を諦めるということはなくなるでしょう。

男性:とにかく遺伝子をばら撒きたい

生物学的な観点から考えると、男性の恋愛における究極的なゴールは「とにかく少しでも多く自分の遺伝子をばら撒きたい」ということになります。

再び、身も蓋もないことですね。男性は自分自身では子どもを産むことは出来ません。女性に生んでもらわなければいけないということです。

これは、無責任な話にはなりますが、男性は育児に関わる必要がないということです。猿やその他の哺乳類においては、子どもの乳幼児期の世話を行うのは、ほとんどの場合において雌です。雄は、雌に子どもを産ませるだだけ産ませて、自分では育児をしないのです。

育児の負担がないため、雄の遺伝子の生存戦略としては、少しでも多くの雌に自分の子どもを産んでもらうということになります。だからこそ、人間の男性も魅力的な女性を見ると、すぐに発情し「好き」と認識するようになるわけです。

「とにもかくにも女性とセックスしたい」

これが、男性の恋愛の本質です。

女性:自分と子どもとを守ってほしい

一方の女性は、このような男性的な好き勝手な恋愛は出来ません。生物学的には、雌には子どもを妊娠し、出産し、ひとり立ちするまで育てるという役割があります

これはかなりの負担になることですよね。猿などの世界においては、天敵の捕食動物から身を守ったり、安定的な食料の確保なども必要となるわけです。

また、現代社会を生きる女性としても、妊娠~育児中はまともに仕事も出来ないわけなので、その期間中の生活費などもどうにかしなければいけません。女性は一人では生きるのは厳しいということですね。安全に暮らしていくには、強い雄のサポートが不可欠となります。

なので、女性の恋愛における最終的な目的は、強い雄に守ってもらうことにより、自分および子どもの生活を安全なものにするためとなります。自分と子どもが生きていく上での脅威からの保護を、女性は男性に求めているわけですね。

「頼もしい男性がいい」

よく女性がこのように言うのも、生物学的には一貫性があるわけです。

女性の恋愛観に合った戦略が必要になる

このように、女性が恋愛に求めるものは、男性のそれとは大きく違います。なので、女性にモテようと思ったら、この女性が男性に求めるものを的確に女性にアピールすることが必要になります。そして、女性が男性に求めるものとは、前述のような強さや頼もしさといったものです。

ここで大事なことは、容姿・見た目は、そこまで重要視されていないということです。

たとえ、ブサイクと判断されるような顔立ちだったとしても、強さや頼もしさの部分において女性にしっかりとアピールをすることが出来れば、男性はいくらでもモテるようになることが出来ます。ブサイクだからといって、恋愛を諦める必要は全くありません。

強さや頼もしさに関して参考になる記事はこちら!
⇒「モテる優しさとモテない優しさの違い」
⇒「先に女を惚れさせ好きにさせる、真のモテ男になる3ステップ」
⇒「『女は弱い男を支配するよりも、強い男に支配されたがる』」

トータルとしての雰囲気の良さを目指す

ここまでまとめてきたように、恋愛において女性が男性に求めることの本質は、自分と子どもが安全に生き抜いていくだけの強さや頼もしさということになります。

上辺だけの容姿や見た目、体型ではないということですね。ブサイク以外の部分で女性に自分の価値を伝えられれば、十分に女性から求愛されるような男性になることはできます。

では、具体的には、女性はどのような点において、ある男性を恋愛の対象となるかどうか判断しているのでしょうか。

ここで大事なことは、女性視点で考えるということです。女性が男性に求める強さや頼もしさといったものから、逆算して自分が目指すべきものを設定していく必要があります。

注意するべきことは、女性は男性をパーツで判断することはないということです。

  • 顔が好み
  • 胸が大きい
  • 体型がセクシー

男性の場合は、これらの特定の身体の部位で、女性を好きになってしまいます。しかし、女女性はそうではありません。より男性をトータルで総合的に判断することになります。以下、女性にモテるようになるために、意識するべき点をまとめていきます。

マインドセット:ネガティブ思考をやめる

「ブサイクであっても、女性にモテたい」

そのように思っている男性が、意識するべきことのひとつ目。それはマインドセットの改善です。より具体的に言うと、ネガティブ思考をやめるということです。ネガティブ思考をしている男性というのは、女性からすると弱々しくみえてしまいます。

「どうせ俺なんて…だから」
「きっと上手くいかないよ」
「生きててもつまらないな…」

このような発言を日常的にしている人に対して、「頼もしい」と感じる女性はいないだろうことは想像できますよね。

「おれはブサイクだからモテない」

このような考えをしている男性は、ネガティブ思考にとらわれている場合が多くあります。

「こんな自分でも女性にモテたい!」

このように思うならば、ネガティブ思考を矯正するようにしましょう。マインドセットというのは、一朝一夕でどうか出来るものではありません。なので、日々意識して、少しずつ改善していくことが必要になります。自己啓発本などを参考にしてみましょう。

コミュニケーション:堂々と立ち振る舞う

女性にモテるために意識するべきことのふたつ目。それは、コミュニケーション能力です。

「コミュニケーションが上手い」いうと、人気テレビ番組の「すべらない話」に代表されるような、面白いトークを話せる能力を想像する方が多いでしょう。しかし、恋愛におけるコミュニケーションとは、より広義なものです。

コミュニケーションといのは、ざっくり言うと、以下の2つに分けることができます。

  • バーバルコミュニケーション(言語コミュニケーション):会話、メールなど
  • ノンバーバルコミュニケーション(非言語コミュニケーション):表情、声、行動など

ここで大事なことは、人はバーバルコミュニケーションよりもノンバーバルコミュニケーションのほうを重要視するということです。このノンバーバルな部分で、いかに強さや頼もしさを女性に伝えていくかが出来るかが大事になります。

自分の強さや頼もしさを女性に的確に伝える技術こそが、コミュニケーション能力となるわけです。より具体的には、物怖じしない堂々とした立ち振る舞いなどです。

見た目・容姿:清潔感を徹底的に意識する

女性にモテるために意識するべきことのみっつ目。それは、清潔感のある見た目です。ここで注意するべき点は、見た目といっても、「顔がイケメンであるかどうか」ではないということです。

前述のように、女性は男性をトータルで判断します。これは見た目においても同じです。

大事なことは、その男性が、雰囲気としての清潔感を身にまとっているかどうかということです。

  • 髪型
  • 眉毛
  • ひげ
  • 口臭
  • 体臭
  • ファッション
  • 体型

これらのひとつひとつの部位において、きちんと清潔感を意識するようにしましょう。

各項目において、女性の合格ラインを超えていれば問題ありません。どの項目も後天的な努力によって、どうにでもなるものです。

生まれ持ってイケメンであるかどうかは、そこまで関係ありません。「ブサイクだから無理」そう諦めてしまう前に、出来る範囲での改善を行いましょう。

参考になる男性をモデリングしよう

以上、女性にモテようと思ったときに注意するべきポイントとして、次の3つを取り上げてきました。

  • ポジティブなマインドセット
  • 堂々としたコミュニケーション
  • 清潔感のある見た目

これらの3つのポイントを改善していくにあたっての最善の方法は、自分の理想となる人をモデリングすることです。

  • テレビで活躍する芸能人
  • 身近にいるモテる男性
  • ドラマや映画に出てくる魅力的な登場人物

これら人々の考え方や行動、ファッションなどを出来る範囲で真似るということです。たとえば、男目線ではそこまでイケメンと思えないような俳優さんやお笑い芸人さんが、かわいいアイドルと付き合っていたりしますよね。

そのような男性の言動や行動を注意深く観察し、自分でも実践してみるということです。

  • どんなマインドセットで動いているか
  • どんな身振り・手振りをしているか
  • 女性にどんな言葉をかけているか
  • どんなファッションをしているか

今の自分ではやらないようなことも、勇気を出してやってみることが大事です。

モテる男に変身するために参考になる記事はこちら!
⇒「モテと非モテは紙一重?女性にモテる男の6つの例。」
⇒「余裕と自信のある男がモテる理由は3つの雰囲気(オーラ)」
⇒「モテる男の性格と特徴、立ち振舞の共通点はコレだ!」

たくさんの女性にアプローチをする

「女性視点における魅力的な男性になる」

これと同時にやらなければならないことは、アプローチをする女性の数を出来る限り増やすということです。別記事において、甲本さんは恋愛の絶対の原則として、次のようなものを提示されていました。

『「恋愛での成功」=「魅力」×「試行回数」』

この原則から分かることは、いくら自分の魅力を高めたところで、女性との出会いを量産しないことには、モテるようにはならないということです。

現代日本においては、女性との出会いを量産するのは、そこまで難しいことではありません。出来る範囲で、さまざまな女性と接点を持つようにしましょう。

男女には相性がある

大事なことは、男女には相性があるということです。甲本さんが言うには、「恋愛は確率論だ」とのことです。どれだけ自分を磨いても、特定の女性を100%確実に落とせるようにはなりません。

また、逆に、どれだけ魅力のない男性であっても、世界のどこかにいる女性からは好かれる可能性もあります。

これは、言い換えれば、男女の間には相性があるということです。いくら自分の魅力を伸ばす努力をしたところで、自分と相性の悪い女性には全く響くことはありません。

その女性を口説くのに時間やお金をかけるなら、自分に振り向いてくれる可能性のある別な女性と時間を過ごしたほうが、何倍も有意義だと思います。

相思相愛になれる女性を見つける

最終的なゴールは、自分の魅力を十二分に理解してくれ好意を示してくれる女性と出会うことです。そのような女性に対して自分も好意を持つことが出来たら、それはとても幸せなことだと思います。

そのような女性に出会うまでは、自分の魅力磨きと並行しつつ、新しい女性との出会いの機会を持ち続けなければいけないということです。

実際に付き合うまでは、「心に決めた一人の女性」を作るのはやめましょう。真面目なお付き合いをしている女性がいない場合には、何人の女性と並行してデートを重ねていても問題にはなりません。

相思相愛となれる女性を効率的に見つけるためにも、新規の女性との出会いは閉ざさないようにしましょう。

おすすめはマッチングアプリ

出会いを量産するにあたって、欠かしてはいけにのがマッチングアプリです。10年ほど前までは、ネットを通じての出会いというのは、まだ一般的ではありませんでした。アングラな犯罪につながるようなイメージが蔓延していたと思います。

しかし、これだけスマホが普及した現代においては、ネットでの出会いは常識となりつつあります。若い世代になればなるほど、マッチングアプリなどでの出会いに抵抗はなくなっています。

「出会いを量産して、相思相愛になれる女性を見つける」

そのように思っているならば、マッチングアプリはぜひとも利用して下さい。大手運営のものならば、基本的に問題ありません。

ここら辺のアプリは有名所です。女性ユーザーもたくさんいます。ぜひ積極的に使ってみて下さいね。

ネットでの出会いの量産について参考になる記事はこちら!
⇒「LINEやメールで好きな女性と会話する時の、頻度と一通目の内容」
⇒「気になる女性の連絡先(アドレス)はこうやって聞け!」
⇒「恋愛においてメールは便利。でも固執するのは危険なんです」

まとめ:「ブサイクだから…」は言い訳に過ぎない

ここまで述べてきたように、男が考えるほど、女性は男を顔では選んでいません。ブサイクとよばれるような男性であっても、次のようなことを意識することで、女性からイケメンと思われることは可能です。

  • マインドセット
  • コミュニケーション
  • 清楚な雰囲気

このような事実がある限り、「おれがモテないのは、顔がブサイクだからだ」というのは、ただの言い訳に過ぎません。適切な努力を積み重ねることで、女性からモテるようになることが出来ます。

必要なのは、「モテるようになる」という決意と継続した実践です。小さな一歩からで十分なので、行動を始めることを意識しましょう。

甲本侍滝からあなたへ:今回のミッション

以下のミッションは、今回の音声の内容を踏まえて、甲本さんに考えていただいた「はじめの一歩」です。いきなり大きな行動をしようとすると、どうしも尻込みしてしまうかと思います。

そうではなく、あまり心身の負担にならないような行動から始めてみましょう。行動を継続することが、何より大事です。


自分と似た顔立ちの芸能人や周囲のモテる人を見つけよう。その人の雰囲気や立ち振る舞いを真似ることが、モテるようになるための第一歩です。

心構え、コミュニケーション方法、ファッションなど細かな部分に至るまでを盗み取ることが重要です。


Sponsord Links

執筆者:ebizo 監修:瀬上直人

【ハウモテ読者限定】革新的恋愛マニュアルを無料プレゼント!

【Game Strategy】(ゲーム ストラテジー)
複雑な恋愛の仕組みや女性の心理を、師匠の教えを元にゲームに例えて解説した教材です。

<内容のご紹介>
・モテの土台となるRPG的思考法
・女性が求める5つの魅力とその高め方
・狙った女を落とす3つの武器とその強化法
・あなたの魅力と武器を突き止める方法

<読者の方の声>
「恋愛のルール・女性の心理が分かって念願の彼女が出来ました!」
「自分に足りない物と、モテるために必要なことが明確になりました!」
「今まで苦痛だった恋愛が楽しめるようになりました!」

さぁ、あなたもモテる男になる第一歩を踏み出しませんか?

今なら瀬上と師匠の対談音声『男として意識させる会話の仕方』もプレゼント!
女性に恋愛対象として見られるための最重要項目を解説しています。
お名前:
メールアドレス:
  





1件のコメント

  • 高松

    記事読ませて頂きました。“女性視点からとらえ直すと、必ずしも「ブサイクだから好きにならない」というわけではない”というのは凄く励みになります。今後も色々と参考にさせてください。ありがとうございました。

コメントを残す