モテない男が行動できない理由と行動力の身に着け方

成功するためには、「行動すること」必須です

どんなに素晴らしいノウハウを知っても、

それを使わなければ意味がありませんからね。

 

成功できない(もてない)人のほとんどは、

「行動が全然できていない」、もしくは「行動が遅すぎ(鈍い)」です。

なぜ行動が出来ないのか?という所から、行動力を身に着ける方法までお話します。

 





Sponsord Links




Sponsord Links

あなたがノウハウを知っても行動出来ない最大の原因

その前にまず、動けない理由の1つに「めんどうくさい」というのがあります。

 

でも面倒くさいなんて理由は論外です。

もてるためにすべきことなんだったら、面倒とか関係ありませんよね。笑

すべきだからする。それだけのことです。

 

面倒だと感じてしまう人は、まだまだ現状認識が甘い。

「頑張らなくてもいずれはよくなる」なんてことはありえませんし、

自分で行動を起こしていかなければ、”絶対に”現状は変わりません。

 

女性にもてたい、可愛い彼女を作りたいという思いがあるなら、

そういった甘い考えは捨てちゃってくださいね。

 

 

それでは本題です。

人には、「行動したいと思っているのに行動できない」ということがあります。

その、行動を鈍らせる一番の原因は「失敗への恐怖心」

 

女性に声かけて無視されたら嫌だなぁ・・・とか、

女性をいじったりして嫌われたりしないかな・・・とか、

そういった恐怖心が一番の敵だと覚えておいてください。

 

失敗が怖いという気持ちは痛いほどわかりますし、

人なら必ず、そういった感情は出てきてしまうモノだと思います。

 

とはいえ恐怖に怯えているだけでは成功をつかみ取ることができないので、

今回は2つ、克服法をお教えします。かなり強力ですよ。笑

 

失敗への恐怖心に打ち勝ち、行動力を身に着けるテクニック

 

今すぐ使える具体的テクニックを2つ伝授します。

 

1.やることリストを作り、出来そうなことからやる

 

やるべきことにはそれぞれ、難易度が存在します。

まずはやるべきことをリスト化してみて、簡単な順に並び替えましょう。

そして、それを順にこなしていくだけです。

 

全ての「やるべきこと」を把握しておくだけでも、行動のしやすさは全然違ってきますよ。

 

 

例えば・・・

女性を口説くことがまだ無理だとしても、挨拶くらい出来ますよね。

 

口説くことに固執し、何もしないままでは、いつまでたっても成功できません。

挨拶から始めて徐々に会話をひろげ、女性と少しずつ良くなることで、

着実に口説けるようになれます。

 

出来ることから徐々にステップアップしましょう。

strong>小さな成功を積み重ねることで、必ず前進できます。

 

小さな成功でも、初めてのことならかなり嬉しいですし、楽しいのでおススメですよ!

 

また、上手くいけば成功するかな?ってのもどんどんやっていくといいと思います

自分の現在のレベルよりも高いことが出来ると、大幅に成長することができます。

 

若干のリスクはありますが、リターンが大きいです。

万が一失敗したとしても、落ち込む必要はないですからね。

成功のための一歩を踏み出したわけですから、失敗したとしても成長できてます。

 

 

 

2.失敗は成長のための経験値だと考える。

 

女性とうまく話せなかった、女性に嫌われてしまった、

というようなミスをすることがあると思います。

 

しかし、長いスパンで考えると、

それは失敗ではなくむしろ「成功に近づけた」ということを意識してください。

 

真の成功とは何かを考えましょう。

 

人それぞれだとは思いますが、

女性にモテること、好きな女性と付き合うこと、彼女と幸せに暮らすこと、ですよね?

 

それに至るまでの小さなミスはすべて、成功のための経験値です。

告白して振られたって、「ダメなパターン」を1つ知れただけ。

 ※告白してダメでも、いうくらでも挽回は可能ですし。

最大の失敗と思われがちな「振られること」も、成功のための経験です。

 

ミスを分析し、成功へのバネにしていきましょう

 

考え方を改善する:モテない全ての男に足りない”ある感情”
         もてたいなら完璧主義者をやめるべき5つの理由

行動しまくる方法:成功への近道「PDCAサイクル」

自信を身に付ける:自信を持てない人が、圧倒的な自信を身に付ける2つの方法
         自分に自信がもてない理由は3つの時間軸にあり!

 

[まとめ] 失敗への恐怖心に打ち勝ち、行動力を身に着けるテクニック

行動を鈍らせるのは「失敗への恐怖心」

失敗そのもの、失敗のイメージに対して対策する必要がある。

↓失敗に対するマインドテクニック2つ↓

1.やることリストを作り、出来そうなことからやる

2.失敗は成長のための経験値だと考える。

 

●今回のミッション

 1.手帳やメモなどに「失敗=経験値、成功のために絶対必要」と書き込み、
   よく目につくところに貼っておく。もしくは持ち歩く。

  (失敗を恐れないよう、「失敗=経験値」だということを頭に刷り込むため)

 2.まずは簡単なことからでいいので、やったことないことを行動に移してみる


Sponsord Links



名字:
メールアドレス:

  
※登録は無料です。


コメントを残す