対人コミュニケーションの基礎の基礎

人は色々な場で、色々な人と接して生きているため、

人間関係における悩みを抱いている人は多いです。
 

恋愛だけに限らず、様々な人との関係を円滑にするために

必要なコミュニケーション能力に関してお話しします。

 





Sponsord Links




Sponsord Links

コミュニケーションスキルって本当に必要??

僕たちは生まれたときから家族に支えられ、

学校では友達や先生と接し、

職場でも上司や同僚、部下と接することは避けられません。

 

自らの意思で、無理に人とのかかわりを絶たない限り

僕たちは様々な人とコミュニケーションをとって生きていきます。

 

特に職場なんかだと、

人間関係が悪化しようとも同じ空間にいなければいけない

なんてこともあるでしょう。

 

だからこそ、あらゆる人との関係をよくする術は身に着けておくべきです。

※今回は広く浅い人間関係におけるコミュニケーションスキルについて話します

 親友と言えるほどに友達との仲を深めたいという場合は、また別です。

 

 

人間関係をよくする、コミュニケーションの基本

 

それは、人との会話において、

相手を否定する行為だけはやってはいけないということです。

 

これを意外と軽視している方が多いですね。

やるなら嫌われることを覚悟してください。

 

僕の知り合いに

口を開けば「いや、~」「でも、~」

というやつがいました。

 

何においてもまず否定から入るやつでした。

 

 ※実際は発言の6~7割くらいが否定から。

 しかし彼の印象は「”いつも”否定する奴」です。

 それほど、否定されることは悪い意味で印象が深くなります。

 

こういう人は敵を作ります。

気づいたら彼は、いわゆる嫌われ者となっていました。

 ※別にいじめとかはなかったです。

 

 

いや、とか

でも、という言葉は何気なく使ってしまう単語なのかもしれません。

 

しかしこれは相手の発言を否定する言葉です。

それを繰り返していれば、不快に思われるのは当たり前です

 

あなたも、自分が否定されたらと想像してみてください。

いい気にはならないですよね?笑

 

自分がされて不快に思うことは、

誰に対しても行わないようにしてください。

 

 

否定することが必要な時もある!?

しかし、当然ながら相手の言うことにすべて同意するのも問題があります。

 

あまりにも理不尽な要望をしてきたり、

道徳的に間違った行いをしている場合ですね。

 

この場合は、断ることや注意することが必要になります。

 

YesしかいわないYesマンになってもいけません。

 

間違いを正すという行為は相手のためにもなります。

 

その際も、「いや」「違う」といった言葉でを使うのではなく、

まずは相手に共感を示しましょう。

 

相手もその間違った思考に至った経緯があるんです。

それも、人間的な弱さが原因であることが多いです。

 

イライラしていた、疲れていた、寂しかった

などなど、人なら誰もが抱くような感情から

間違った言動をとってしまうことがほとんどです。

 

そういった部分は認めてあげるといいですね。

 

間違っている部分は「もし君が相手の立場だったらどう思うのか?

を尋ねてあげることで、相手の気持ちをわかってもらえるでしょう。

 

基本は否定しない。

間違いを正す場合は、否定するのではなく

共感を示し、間違いであることに気づかせてあげる

 

これを意識しておいてくださいませ。

 

これだけでも、人間関係をうまく築いていくことができ、

コミュニケーションをとるのが楽になりますよ。

 

関連記事:聞き上手がモテる理由!モテる会話をする方法と注意点!

 

[まとめ] コミュニケーションの基礎の基礎

人として生きる以上は、コミュニケーションスキルは必須!

あらゆる場面で役に立つ。

 

基本は相手を否定しないこと。

 

相手が明らかに間違ったことをしている場合は、

相手の気持を認めて尊重した上で、間違いを正してあげる。

 →「実際に自分がされたらどう思うのか」を聞いて分かってもらおう

 

●今回のミッション

 1.普段、人を否定していないか振り返ってみる

   「いや」「でも」「違う」が口癖になっていないか??


Sponsord Links



名字:
メールアドレス:

  
※登録は無料です。


コメントを残す