死の意識で人生の充実度が変わる「死ぬ時に後悔する事25」

死ぬときに後悔すること25というものがありました。

これは、1000人の死を見届けた医療の専門家

「大津秀一氏」が調べたものだそうです。

 

「人が死に際に後悔するコト」には共通点があるんだそうな

死に際に後悔しないために、知っておいて損はないです!

 





Sponsord Links




Sponsord Links

私たちは普段、死を現実と切り離して過ごしている節があります。

 

死があるから生があるというように、

「死」を意識しておくことで人生の充実度はまるで変わってきます。

 

具体的には「人は死ぬとき、何を後悔するのか。」を知り、

それを避けていけば充実度が変わるよね、って話ですね。

自分の人生を後悔しないために、知っておいてくださいませ。

 

【死ぬ時に後悔すること25】

●真っ先に後悔すること

1 健康を大切にしなかったこと
2 遺産をどうするかを決めなかったこと
3 夢をかなえられなかったこと
4 故郷に帰らなかったこと

●しておけばよかったと後悔すること

5 行きたい場所に旅行しなかったこと
6 美味しいものを食べておかなかったこと
7 趣味に時間を割かなかったこと
8 会いたい人に会わなかったこと
9 自分の葬儀を考えなかったこと
10 やりたいことをやらなかったこと
11 他人に優しくしなかったこと
12 心に残る恋愛をしなかったこと
13 結婚をしなかったこと
14 子供を産み育てなかったこと
15 子供を結婚させなかったこと

●しなければ良かったと後悔すること

16 悪事に手を染めたこと
17 たばこを止めなかったこと
18 感情に振り回された一生を過ごしたこと
19 自分が一番と信じて疑わなかったこと

●自分の死と向き合った時に後悔すること

20 死を不幸だと思ってしまったこと
21 神仏の教えを知らなかったこと
22 生前の意思を示さなかったこと
23 残された時間を大切に過ごさなかったこと
24 自分の生きた証を残さなかったこと
25 愛する人に「ありがとう」と伝えなかったこと

 

3 夢をかなえられなかったこと
10 やりたいことをやらなかったこと

多くの人は夢を途中で諦めてしまい、結局叶えることなく死んでいきます。

 

あなたには本当にやりたいことはありますか??

本当にやりたいならやるべきです。人生はたった1度だけですよ?

あなたの人生は本来あなたのものです。

他の誰の人生ではありません。

 

11 他人に優しくしなかったこと

人にやさしくすること。これは人のためにすることではありません。

自分の人生を豊かにするために人に優しくしましょう。

 

「人のためになにかやってあげる」というのは結局は自分のためになります。

 

12 心に残る恋愛をしなかったこと

恋愛というのは人生において非常に大きなイベントです。

人は愛する人と一緒ならば、

どんなに辛いことでも、どんなに劣悪な環境でも耐える事ができるでしょう。

恋をすること・人を愛することを妥協すると後悔しますよ!

 

13 結婚をしなかったこと
14 子供を産み育てなかったこと
15 子供を結婚させなかったこと

何十年と添い遂げるパートナーを作ることは重要だと思っています。

家族のために働く人も多いことから分かるように、家庭をもつ幸せは大きいのでしょう。

自分の子孫を残せない虚しさも悲しいものでしょうね。

 

自分の分身でもある子供に結婚させなかったことは、

このような悲しみ・後悔を子供にさせてしまうことになるからでしょうね。

 

25 愛する人に「ありがとう」と伝えなかったこと

人には、失わないと分からない有り難みがあります。

僕たちは色んな人に支えられて生きています。

 

「もしもあの人に出会わなかったら?」「もしもあの人がいなくなったら?」

と考えることで、忘れていた感謝の気持ちを取り戻すことができます。

感謝の気持ちは伝えられるうちに伝えておきましょう!

 

 

 

結局僕があなたに言いたいのは

人生は一度きり」だということ。

そして、「どんなに抗っても時間の流れを止める事はできない」ということ

 

生がある以上死が存在し、死を避けことは出来ません。

 

時間は止まることなく過ぎています。

1秒1秒、死に近づいている意識を持っておきましょう。

 

やりたいことがあるならやるべき。

自分のために、やらなければなりません。

 


Sponsord Links



名字:
メールアドレス:

  
※登録は無料です。


コメントを残す