女性の感情を動かす男になる日常エクササイズ

執筆者:瀬上直人

女性は感情の生き物だから「心を動かす事が大事だよ!」

ってことはブログやメルマガで何度も言ってます。

 

今回は、女性の感情を揺さぶれる男になるための

簡単なエクササイズをご紹介します!

 





Sponsord Links




Sponsord Links

恋愛における勝負は、「どれだけ女性の心を揺さぶるか」

これに尽きると言い切っても過言ではありません。

 参考記事:女性の本質を知る。男と女の思考の違い。

 

 

女性の感情を動かすための最低条件

女性の感情を動かすためには、

まず、自分が感情豊かになる必要があります。

人の感情も伝染するものなんですよね。

 

感情豊かな人は人を感動させることが得意です。

 

逆を考えてみるとよくわかると思います。

感情が乏しく、機械のような男がモテると思いますか??

 

「何を考えているか分からない」「リアクションが薄い」

そんな男に女性が惹かれる可能性は低いです。

 

 

当然ですが人は、感情豊かで人間らしい人を好みます。

ロボットを好きになったりする人、めったにいないですよね。笑

 

 

女性の言動に対して、感情豊かにリアクションが取れると好感度UPです。

感情のやりとりで仲が深まるといってもいいでしょう。

 

 

感情豊かな男になるエクササイズとは

さて、女性の感情を動かすモテ男になるためには

まずは自分が感情豊かになる必要があるということは分かってもらえたと思います。

 

で、その具体的エクササイズですが、

いろんなことを経験し、感動してください

これに尽きます。

 

色んな人と触れあい、人の温かみを知る

色んなことにチャレンジし、経験を積む

 

また、自分自身で経験すること以外にも、

色んな本やドラマ、映画なんかを見ることもオススメです。

 

他人の貴重な経験を疑似体験出来ます。

疑似体験のメリットは手軽さスピードです。

 

実際に自分で経験するよりは得られるモノが劣ってしまいますが、

手軽さに早く経験を積むことが出来るのでオススメします。

 

自宅でも出かけ先でも経験出来ますし、

数時間で1つの体験をし終えることが出来ますからね。

それによってとにかく数を踏める。というのもメリットです。

 

経験した数、感動した数は多いほどいいですよ。

 

また、現実ではありえない体験をすることが出来るのもメリットですね。

例えば・・・現在の日本は、幸いにも平和で戦争がありません。

これはすごくいいことですが、

戦争の残酷さなんかは経験しようがないわけです。

そういったことは本や映画で疑似体験するしかないですね。

 

家族を残し戦争に駆り出された人の苦悩、残された人の苦しみ

そういうものを擬似的にではありますが、学べます。

 

 

非日常の体験をたくさん疑似体験してください。

 

たくさん感動する、たくさん経験することで、

人としての魅力が増します。

 

人に共感する、人を思いやる、人を尊重する、人に感謝する

 

こういった人間力に直結する部分を磨くことができます。

男にも女にもモテる、魅力ある男になれますよ♪

[まとめ] 女性の感情を動かす男になる日常エクササイズ

女性の心を動かす、揺さぶる男がモテる

感動経験を積んだ人しか、人を感動させられない

疑似体験
⇒手軽さとスピードを活かし、数を踏め
⇒非日常のありえない体験を疑似体験せよ

 参考記事:女の本質とは?男との違い。

 

■今回のミッション

 1.やりたいことリストを作る。(とにかくたくさん書き出す)

 2.気軽にできるものからどんどん体験していく。

 3.経験したことないことには積極的に経験していく。


Sponsord Links

執筆者:瀬上直人

【ハウモテ読者限定】革命的恋愛マニュアルを無料プレゼント!

【Game Strategy】(ゲーム ストラテジー)
複雑な恋愛の仕組みや女性の心理を、師匠の教えを元にゲームに例えて解説した教材です。

<内容のご紹介>
・モテの土台となるRPG的思考法
・女性が求める5つの魅力とその高め方
・狙った女を落とす3つの武器とその強化法
・あなたの魅力と武器を突き止める方法

<読者の方の声>
「恋愛のルール・女性の心理が分かって念願の彼女が出来ました!」
「自分に足りない物と、モテるために必要なことが明確になりました!」
「今まで苦痛だった恋愛が楽しめるようになりました!」

さぁ、あなたもモテる男になる第一歩を踏み出しましょう。

お名前:
メールアドレス:
  



LINEでこの教材を受け取りたい方は、以下から友達追加を行ってください。

友だち追加

▼QRコードを表示する


コメントを残す