女性の「生物学的本能」を利用して惚れさせる方法

男と女は生物学的に色んな部分が異なります。

 

今回は、女性特有の性質を利用し、

あなたを好きでたまらなくさせる方法についてお話します。

これを極めていけば、

女性はあなたのことがいつの間にか好きになってしまいますよ。笑

 





Sponsord Links




Sponsord Links

生物学的にみた女性の性質とは?

「男は狩り、女は家庭を守る」というのが、古来から受け継がれた男女の役割です。

それが良いか悪いかは別として、

元々(本来)こういった役割があったということは事実です。

 

何万年も遺伝子に刻み込まれた生物学的役割によって、

男女の身体的・精神的機能も大きく異なっています

 ※これについてはまた別記事で解説します。

 

 

女性は古来から家庭を守ってきたため、人と共存する能力に長けています。

つまりはコミュニケーション能力ですね。

特に、人に協調したり、共感したりする能力が高いと言えます。

 

 

女性は非常に感情的だと思ったことはないですか?笑

これはコミュニケーション能力の高さ故のことです。

 

僕は「女性は感情の生き物だ」と思っていますが、間違いではないでしょう。

物事考える際、感情が大きな指針となっていることが多々あるんですよね。

 関連記事:「女の本質とは?男との違い。

 

情に弱く、感動しやすい

繊細で非常に傷つきやすい

感情を重視し、気分で物事を判断しやすい

女性がこういった生き物だということは覚えておいてください。

 

女性の生物学的な性質を利用して惚れさせる会話術

女性は感情的なので、女性を落すためには

感動させる、つまり心を動かすってことが重要になります。

 

感情を動かせば動かすほど、女性はあなたに惚れると思ってください。

 

 

驚かしたり、けなしてみたり、褒めたり、叱ったり、楽しませたり・・・

とにかく女性の心を揺さぶりまくりましょう。

 

 

会話においては、何気ない世間話でも感情を中心に話をすることですね。

嬉しかったのか、悲しかったのか、びっくりしたのか

そういった、感情にフォーカスした話を展開しましょう。

 

そもそも会話には、情報収集感情を動かすという

2種類に分けられると思ってください。

 

まだ親しくない時や女性についてあまり知らない時は

必然的に情報収集が多くなってしまいます。

 

少しずつでいいので、感情にフォーカスした会話にシフトしていきましょう。

 

 

楽しかったエピソード、悲しかった出来事、むかついた事、

クスっと笑える話、女性を困らせるちょっとした冗談、女性の仕草を褒める・・・

 

こういった会話が感情を動かすのに有効ですね。

 

ちょっと考え方を変えれば出来ることなので覚えといてください。

ポイントは、「女性の感情が動くだろう」と思うアプローチをすることですね。

考えてみると、いくらでも出てきますよ。笑

 

 

また、感情はマイナス方向にも動くわけで、

「困らせる」、「怒らせる」、「照れさせる」(←照れはプラスかも知れない。笑)

といった負の感情にもってくのも有効ですね。

 

これには若干のリスクがありますが、嫌われていない限りは大丈夫です。

 

あなたが、不潔だとか人の悪口を言うとか、下心丸出しとか、

そういったことをしていなければ大丈夫なのでご安心を。

 

女性に負の感情を抱かせることって、大したリスクではないですよ。笑

世の中の男達は、この小さなリスクさえ許容する勇気がないのでモテません。

これが出来るようになると、一気にモテる男になれると思いますよ!

 

[まとめ] 女性の「生物学的本能」を利用して惚れさせる?

女性は感情の生き物である→心を動かすことが重要!

感情にフォーカスした話を展開する

負の感情に揺さぶると、小さなリスクで大きなリターンが得られる。

 

■今回のミッション

 1.女性と会話をするとき、感情にフォーカスして話してみる。

 2.感情を動かすことを常に意識する


Sponsord Links



名字:
メールアドレス:

  
※登録は無料です。


コメントを残す