ネガティブ思考は成功の枷?排除すべきか?

世間一般では、ネガティブ思考(後ろ向きな考え)は、

「悪で排除すべきこと」だとされる傾向が強いですよね。

 

ポジティブであれ!前向きに物事を考えろ!

なんてことはよく聞くと思います。

ポジティブでなければならないと思っている人は特に読んでください。

 





Sponsord Links




Sponsord Links

 

ネガティブ思考も必要な理由

常にポジティブでいなければ成功できないと思っている人は多いのではないでしょうか??

でも僕なんかはネガティブ思考は必要だと思っています。

基本的にはポジティブで、要素要素でネガティブ思考も必要という感じです。

 

「もしダメだったら」を考えることや、「失敗したら嫌だなぁ」って思考は、

最悪の事態を把握しておくってことになりますよね。

 

これは人として必要な能力です。

危機管理能力ともいえます。

 

もちろん、常にネガティブというのは問題ありますが、

たまにはネガティブ思考も必要ですよ。

 

仮にネガティブ思考を完全に排除したとしましょう。

全てを前向きに考えることが出来るわけですから、

どんな危険なことでも進んでやれちゃいます。

 

するとどうなるか。

取り返しのつかない失敗をしてしまう可能性があります。

 

仲良くもない女性にいきなり告白する⇒避けられる

とにかく女性にアプローチする⇒ストーカー扱いされ捕まる

100m上空から飛び降りる⇒死ぬ(笑)

 

分かりやすい例を挙げると、まぁこんな感じでしょうか

 

ネガティブ思考がない人は、人として致命的であることがお分かりかと思います(笑)

 

 

また、ネガティブ思考を持つことによって、

反省することが出来るってのも重要です。

 

反省ってのはそもそも、

自分の行いに対して改善すべきところがあったのではないか

と考えることから始まります。

 

常に前向きであれば反省なんてしないですよ。

前ばっか向いてます。後ろ(過去)は見ないんです。

 

成長するためには、反省することは必要ですよね。
言うまでもないと思います。

 

つまり前向きであるだけでは、成長はない。

そういうことです。

 

 

ネガティブ思考の思わぬ産物

そしてもうひとつ、興味深いデータがあります。

人は不安や恐怖を感じると、集中力が増すということです。

 

不安や恐怖といった、一見ネガティブな思考をもつと、

なんとかしなければならないと感じるようになります。

 

それによって、細心の注意を払うことが出来るようになるわけです。

 

何かを集中して行いたいときには、

後ろ向きになって考えてみるのもいいとおもいます。

 

勉強⇒次のテストで失敗したら成績下がるかも

仕事⇒この仕事でミスしたら降格されるかも

って感じです。

 

ネガティブ思考は一般的に考えられているよりも良い側面があります。

なので、これを機にネガティブ思考に対するイメージを改めてもらえればなと思います

 

 

それでもネガティブを口に出すだけはダメ

ネガティブ思考は必要だといいましたが、

ネガティブなことを口に出すのはダメです。

 

ネガティブな発言は、基本的に人までネガティブにさせてしまいます。

嫌われる原因にもなるので注意しましょう。

 

ちなみに、普段とても明るくて頼りにもなる男性が、

たまーにネガティブな発言をするのはOKだったりします。

 

それは人間味として捉えられたり、親近感を抱かれたりするからです。

ギャップを生み、母性をくすぐることにもなるでしょう。

 

 

そんな感じで、基本的にはネガティブな発言は控えてください。

本当にたまにならありです。

 

ネガティブな思考事態は害ではありません。

ネガティブな発言が、基本的に害となります。

いい意味で前向きになり、いい意味で後ろ向きな思考を身につけましょう!

 

[まとめ] ネガティブ思考は成功の枷?排除すべきか?

ネガティブ思考のプラス要素

1.危機管理が出来る
2.反省出来る
3.集中力が増す

ネガティブ発言は極力控える。たまーにはOK

 

●今回のミッション

 ネガティブ思考に関するイメージを変える


Sponsord Links



名字:
メールアドレス:

  
※登録は無料です。


コメントを残す