モテと非モテは紙一重?女性にモテる男の6つの例。

もてる男ともてない男女性にモテる男は「強み」を持っています。

強みは人によって違いますが、

女性に受けるポイントを持っているこそ好かれるわけです。

今回は、分かりやすい例を6つ挙げて解説してみました。

 





Sponsord Links




Sponsord Links

 

【1】チャラいが、ノリが良くて打ち解けやすい

 

チャラい男は基本的に嫌われます。
 

しかし、チャラさにも良し悪しがあるんですね。

別け隔てなく人と打ち解ける力があれば、

それが理由でチャラそうに見えても女性には受けます。

 

しかし、一緒にいても楽しくないし、魅力的でもない。

それでいてチャラい男(女好き)というのはめちゃくちゃ嫌われます。

 

 

 

【2】目立たないけど、連絡がマメでメールの返信も早い

 

影の薄い男よりも、目立つ男の方がモテます。

 

しかし、マメさを持っていれば地味な男でもモテる可能性があります。

特に女性が寂しさを感じた時、その魅力を大きく感じます。

 

単純接触といって、コミュニケーションをとった回数が多いほど

人は好意を抱くという心理も働くので、モテる要因となりえます。

 

 

 

【3】オレ様思考だけど、いつも自信に溢れている

 

自己中心的な男は嫌われますが、

自信と余裕があり、堂々としている男は魅力的です。

 

女性は引っ張ってくれる男を好むので、

自信満々で俺についてこいスタイルは好まれる傾向にあります。

 

ただし、このタイプは総合的な人間力が高くないと

口だけ態度だけで薄っぺらい男になるので注意しましょう。

 

 

 

【4】顔は良くないけど、会話が上手い

 

顔の良さも魅力の1つではありますが、

女性をとりこにする上では、さほど重要ではありません。

 

会話で女性を楽しませる事ができたり、

必要なときに労いの言葉をかけてあげたり、

そういった会話力などが強いとモテます。

 

 

 

【5】インテリっぽいけど、頭の回転が速くて知識が広い

 

女性は基本的に感情を重視する生き物なので、

理屈っぽい男は好みません。

 

それでも、いざという時に問題を解決したり、

広い知識で何でも出来ると、女性は「頼りがい」を感じるでしょう。

ただし、理論を重視し女性の意見を受け入れない男は嫌われます

 

 

 

【6】見た目はダサいけど、自然体で生きている

 

自然体は自然体でも、ネガティブオーラ全開ではダメですね。

ポジティブにマイペースで「自分らしさ」を出せるとモテるでしょう。

 

自然体でいることで女性も自然体でいることが出来

落ち着く、安らぐといった感情を抱かれやすいのも強みです。

 

 

 

この6パターンのモテる男の共通点は?

 

それぞれの「良さ」「強み」が強く出ていることですね。

多少のマイナスをプラスで打ち消しているイメージです。

 

また、上手くギャップとして働き、より魅力が際立つ場合もあります。

 

あなたも、何らかの強みがあると思います。

それはちょっとしたことかもしれませんが、

強みを強化し伸ばすことで、モテる男に一歩近づくことができますよ。

 

[まとめ] モテと非モテは紙一重?女性にモテる男の6つの例。

【1】チャラいが、ノリが良くて打ち解けやすい

【2】目立たないけど、連絡がマメでメールの返信も早い

【3】オレ様思考だけど、いつも自信に溢れている

【4】顔は良くないけど、会話が上手い

【5】インテリっぽいけど、頭の回転が速くて知識が広い

【6】見た目はダサいけど、自然体で生きている

 

→強みを誰にも負けないくらい伸ばすことで、

差別化にもなり、女性にモテる!

 

●今回のミッション

1.今あなたが持っている「強み」を考えてみる

2.強みを伸ばすためにすべきことをリスト化する

3.リストをこなす、または習慣化する。


Sponsord Links



名字:
メールアドレス:

  
※登録は無料です。


コメントを残す