成功への近道「PDCAサイクル」

ある特定の活動を円滑に進める手法の1つとして、

PDCAサイクルというものがあります。

 
これを意識すると、自分の行動を管理出来るようになり、

成功まで立ち止まることなく突き進むことができます。

 





Sponsord Links




Sponsord Links

Plan Do Check Act サイクル

 

Plan (計画):自分が行うべきことひと通り整理する

Do  (実行):行うべきことを実践していく

Check (評価):実行の結果を反省する。

Act  (改善):上手くいかなかった部分はどうすべきか考える

 
→Plan (計画):改善した「すべきこと」を整理する

→・・・

 

 

このようにサイクルとして、PDCA→PDCA→PDCA→・・・と回していきます。

 

 

やるべきことを考えて、実行して、反省して改善して、また行動して・・・

この時にとにかくスピードを意識して、速く回しましょう。

 

これにより、

自分が今何をしているのか

自分が今何のためにこれをやっているのか

 

というのを明確に把握できて、行動しやすくなります。

 

 

PDCAサイクルは、行動のスピードを早めて、

とにかく数を重ねて成功していくためのものです。

 

 

経験は力となります。

 

行動した結果が、成功であれ失敗であれ、

それはあなたにとっての貴重な体験となり、

今後の人生における大きな武器となります。

 

だから、行動することを恐れないでくださいね。

 

 

失敗しても、改善点を考えて、また行動すればいい。

という考えを持ちましょう。

 

 

PDCAサイクルを回した数だけ、あなたは成長できます。

 

 

時間は有限です。

 

同じ事でも、だらだらやるのと、スピード速くやるのでは、

その行動の価値が全然違います。

 

人生は有限です。

 

今は苦労してでも行動しまくり、

早く成功してその後の人生を満足いくものにするのか

 
今を楽して行動を遅くし、

だらだらと不満足な人生を引き伸ばしにするのか

 

どちらを選ぶかはあなた次第です。

 

 

言わずもがな、さっさと成功したほうが絶対にいいでしょう。

 

「時間は有限。人生は限られている。」

この辺りも意識して、PDCAサイクルを回しまくってくださいませ。

[まとめ] 成功への近道「PDCAサイクル」

Plan (計画):自分が行うべきことひと通り整理する

Do  (実行):行うべきことを実践していく

Check (評価):実行の結果を反省する。

Act  (改善):上手くいかなかった部分はどうすべきか考える

とにかく早くPDCAサイクルを回して行動しまくること。

 

●今回のミッション

 1.今やるべきこと具体的に書き出す。
   例:女性に声をかける(内容込)、気になる子と仲を深める(手段込)、等。

 2.すぐに実践して、どうだったかを振り返る

 3.改善スべき点を改善し、やることリストとして追加する。


Sponsord Links



名字:
メールアドレス:

  
※登録は無料です。


コメントを残す