女性への苦手意識は2つの要因から!その理由と解決策はこれ!

あなたは女性が苦手ですか?

苦手意識を持ったままでは、モテるのは難しいと言えます

一般的に、女性が苦手だという人には、

大きく分けて以下、2つの理由があります。

 

 





Sponsord Links




Sponsord Links

 

1つめ:女性に接触する回数が極端に少なく
    女性の言動に過剰反応を示し、女性とうまく話せないから。

 

モテない男の大多数は、これが原因です。

女性との接触回数が少ない場合、

女性とどう接すればいいのか分からず、常に消極的になってしまいます。

 

女性との接触回数が少ないから、積極的になれない。

積極的になれないから接触回数が少ないまま。

この負のスパイラルに陥ってしまう可能性が高いです。

 

いつまでたっても、成長することができません。

 

そして、いざ勇気を出して接触を図ったとしても、

女性に慣れていないため、

ぎくしゃくした態度で接してしまったり

目が泳いでいたり、上手くコミュニケーションをとることが出来ません。

 

 

更には、自らの気持ちが爆発し、まったく仲良くない女性に対し、

いきなり告白し、当然のように振られてしまうという失敗をおかしてしまうこともあります。

 

そうなると、2つ目の原因である「トラウマ」を抱えてしまうこともあります。

 

では、どうすればいいかというと、

正しい知識を身につけ、自分に出来ることから1つ1つ実行していくことで、

少しずつ女性に対する免疫をつけていくしかありません。

 

近道しようとすると、大きな失敗をおかし、自信を失うこともなりかねませんからね。

 

焦らず、一歩一歩成長していくことをお忘れなく。

 

また、こういった人は女性を神聖化しがちです。

自分との関わりが少ないために、手の届かない神のような存在だと錯覚し、

自分から距離をおいてしまっています。

 

こうなると、恋愛どころじゃありません。

恋愛は人間同士がするものですからね(笑)

 

どんなに可愛い子でも、

同じ人間である以上、人を好きになりますし、
男性以上に、恋に憧れを抱いています。

 

更にいうと、

風呂に入らなければ臭くなります。髪とかばっさばさになります。
歯を磨かなければ口臭もひどくなります。

 

ちょっと言い過ぎましたかね?(笑)

 

とにかく、女性は同じ人間なんだということを忘れないでくださいね。

女性を神聖化してきた人は、

それだけで自然と接することが出来るのではないでしょうか。

 

 

2つめ:過去に女性関係でトラウマを抱えてしまったことがあるから。

 

トラウマというのは、例えば、

キモチわるいと言われた、
仲いいと思ったいたのに、陰口をたたかれていた、
告白して振られ、避けられるようになった、とかですね。

 

同じ出来事でも、トラウマになるかどうかは本人次第ではありますが。

 

一度トラウマを抱えるとなかなか回復することが出来ないものです。

 

女は全員クズだ!
女はどうせ顔だけ、というような思考に陥りがちです。

 

当然ですが、そんなことはないです。

 

よく、女は星の数ほどいるといいますよね。

日本だけで5000万人強の女性がいます。

あなたと同世代の女性は1000万人くらいいます。

1分に1人と出会ったとしても、20年ほどかかります(笑)

 

とはいっても、落ち込んでいるときには、

悪い方へと気持ちがながれやすいので、気を付けてくださいね。

 

すでに少し述べましたが、

1つ目と2つ目は相互作用をおこし、

どんどん悪い方向へ陥ってしまうこともあるので注意が必要です。

 

また、自分のなにがいけなかったのかを分析し、

改善していく事で、そういったこともなくなっていくわけです。

 

女性にモテたいと思うのであれば、

今の自分のダメな点を考察し、一つ一つ改善していくだけでも

かなり成長できるので、やってくださいね。

 

 

[まとめ]女性が苦手な人

理由1.女性との接触回数が少ない

⇒正しい知識を得て、焦らず出来ることから実行していく。

理由2.過去に女性関係でトラウマを抱えている

⇒前向きに、自分にいけなかった点はないか考え、改善していく。

 

●今回のミッション

1.女性に対して正しい認識をもつ。
(同じ人間である。偏見を持っていれば、すべての女性がそうではない。など)

2.今の自分が出来ることをリスト化し、1つずつやっていく。

3.失敗したことがあれば、なぜ失敗したのか分析する


Sponsord Links



名字:
メールアドレス:

  
※登録は無料です。


コメントを残す