「ブサイクでもモテる」という夢のような方法に潜む罠

「ブサイクでもモテる方法」というものが存在します。

自分にも使えるのなら、かなり魅力的ですよね。

 

実際、顔がブサイクでもかわいい彼女がいる男はいます。

有効に使うことが出来れば、ブサイクだと言われる人でも、

モテるようになることができるでしょう。

 

しかし、そういった方法を実行する際には注意すべきことがあります。

 





Sponsord Links




Sponsord Links

 

ブサイクでもモテる方法ときくと、

「ブサイクな状態のままでモテる方法」のように聞こえてしまいます。

 

そこで陥る罠が、外見を磨くのを止めてしまうことです。

 

外見磨きは絶対、絶対に怠るな!

 

外見というのは、第一印象を決めるとても重要な要素です。

性格などの内面というのは知るのにとても時間がかかりますが、

外見は見れば一発です。

 

アリかナシか?数秒で判断がつきます。

なので、外見磨きを怠ることは自殺行為だと思ってください。

 

 

たまに、「俺はどうせブサイクだし・・・」と開き直り、

眉毛はボーボー、髪はぼさぼさにし、だらしない服装をしている輩がいます。

「外見で判断する女はクソだ!」などと理不尽な八つ当たりをする輩もいます。

 

「・・・自分が女だった場合、自分を好きになれるか?」が重要です。

先ほどいったような人達は”ありえない”という答えをだすと思います。

だって気持ち悪いし、くさそうだし、性格まで悪いし・・・。

 

 

不潔レベルにまで成り下がった場合は、もう最悪です。

ほとんどの女性の「最低ライン以下」に格付けされてしまいます。

生理的に無理。ありえないというレベル。

不潔は問答無用で嫌われますから注意してください。

 

まぁ、僕も色んな所で言っていますし、僕も読者さんに不潔な人はいないですよね。笑

 

 

モテる男は人間力(総合力)で決まるといいます。

いくら「ブサイクでもモテる方法」があるといっても、

外見を磨き、少しでも見かけの魅力を上げた方が、モテるに決まっています

 

見た目にも最低限気を使い、内面も磨いていく。

当たり前ですがこれが不可欠です。

 

しかも、外見を磨くことで自信も生まれるので、

一石二鳥なんですよ。絶対やってください。

 

以上、今回は

「ブサイクでもモテる」という方法を知ったからといっても、

怠けるのは絶対にやめましょう、という話でした。

 

王道は王道故に効果があります。

効果があるから王道として成立しているんです。

邪道を知った時には、「何か罠がないか」一度立ち止まって考えてみてくださいね。

 

[まとめ] 「ブサイクでもモテる」という夢のような事実に潜む罠

ブサイクでもモテる方法は存在する

しかし、それに甘えて外見磨きを怠っては絶対にいけない。

外見と内面、両方を磨くことがモテ男への最短ルートです。

 

●今回のミッション

 1.自分のコンプレックスを大小問わず全て書き出す

 2.なおせることから1つずつ治していく

   ※全てをなおす必要は全くありません。
    不可欠なこと(不潔など)から。出来ることまで。


Sponsord Links



名字:
メールアドレス:

  
※登録は無料です。


コメントを残す